猫額の手帖

猫の額ほどの小さな物語を紡いでいます。

はじめまして。

はじめまして、つんです。

 

『猫額の手帖』というタイトルで、まとまりのないお話を書いていこうと思います。

 

語り手の「私」のまわりにある不思議な世界と、残酷な現実。ほころびを縫いながら生きることの難しさに苛まれる。

 

たどり着く場所があるのかわかりませんが、日常を呟くように、歩んでいきます。

 

よろしくお願いいたします。

#Twitter300字ss 第41回「新しい」

『新曲』

 

スマートフォンに繋げたイヤホンから、好きなアーティストの新曲が流れる。ラブソングなんて世の中に溢れているのに、その人の言葉がその人の声で歌われると、朝一番の白湯のように優しく体内に広がった。
昨夜のメールのそっけなさに君は気づいただろうか。恋人になって三回目の春。次のステップを切り出さない態度に、不安を伝えていいのかもわからない。急かせば逃げられてしまいそうで、探りは入れられない。
『ポコン♪』
受信音に反応して画面を開く。同じ曲を聞いていたらしく、短い感想が書かれていた。
「こういう二人になろう」
死が分かつと知りながら共に生きよう。歌詞通りに受け止めてしまおうか考えながら、まずは週末、君に会いたい。

ヘアドネーションってなんだろう

冷たい雨がやむと、春になります。
新しい生活、新しい友人。
心機一転、髪を切ろうと思い立つ人は多いのではないでしょうか。

最近の女性誌はボブやベリーショートを特集しているページもあります。そのとき、ちょっとだけ考えてみてほしいのです。

「ヘアドネーション

という言葉をご存じでしょうか。病気などの理由から、ウィッグを必要としている子どもたちにその原料となる毛髪を、指定のサロン(美容院)にてカットして提供することです。それぞれの活動団体によって選別や加工をした後に、ウィッグとして子どもたちに届けられます。

一人分のウィッグを作るためには何人かの髪を混合する必要があります。また、セミロングやロングヘアーを希望する子どももいます。髪をアップにして、好きなアクセサリーをつけて、学校で友達とおしゃべりをする。そんな笑顔のために私たちに出来ることがあります。

サロンによって指定の長さは変わってきますが、31cm確保できればヘアドネーションとして髪を提供することが出来ます。対応サロンはネット検索で見つかります。自分がいま通っているところでも対応しているか、問い合わせてみるのが安心です。ヘアドネーションにかかる費用は実費、もしくはサロンによってサービスが変わりますので、そちらも合わせてお問い合わせください。

サロンが協力している団体によって、受け付けている髪の長さが違います。自分で切って送ることも出来ますが、長さが違った場合、残念ながら破棄されてしまいます。そういったトラブルを防ぐためにも、事前の確認は電話やメールなどで必ず行ってから、サロンへ足を運んでください。

人助けでも偽善でもボランティアでもなくて、あなたの笑顔が誰かの笑顔に繋がる。たったそれだけの幸せのおすそわけをしてみませんか。

f:id:nekobitainote:20180321172838j:plain
↑切る前

f:id:nekobitainote:20180321172849j:plain
↑切った髪

f:id:nekobitainote:20180321172900j:plain
↑すっきりした私

ヘアドネーションをしてきました

ヘアドネーションをしてきました

ヘアドネーションとは↓
ヘアドネーションってなんだろう - 猫額の手帖


元々、セミロングを維持していた長さがありましたが、1年前からヘアドネーションをするために長さをそろえ、髪のメンテナンスをしてきました。対応サロンであることを確認してから通い始めたので、ようやくといったところです。

事前の予約の際にヘアドネーションであることを伝え、来店。美容院が行うヘアドネーションに利益はなく、送料などの負担がかかっているそうです。髪を切ったあとの髪型を決めて、束ごとに分けられます。髪の長さは31~40cmでとることができました。

f:id:nekobitainote:20180321172400j:plain
↑これが

f:id:nekobitainote:20180321172430j:plain
↑こうなった

「ご自分で切られますか?」
提案していただき、最初の1束を自分で切りました。朝まで背中に伸びていたものが目の前に横たわる。不思議な距離を感じました。その後は担当美容師さんにおまかせ。雑誌を見ながら「こんな感じでお願いします」とだけ伝えました。ヘアドネーションは流行りつつあるものの、同時にトラブルを抱えることもあり、自己判断よりもサロン(美容院)で相談、カウンセリングをしてから、提供をしてほしいとのことでした。

ヘアドネーション団体との提携サロンは増えてきていますが、その手間やコストから、爆発的に増えるようなものではありません。TwitterInstagramなどで話題になり、興味を持った人たちが自分で調べてサロンに来店するまでにも、時間や手間がかかります。ですが、その手間隙を私たちがクリアすることで、ウィッグを必要としている人たちの笑顔に繋がります。

その美しい髪を切る前に、ヘアドネーションに興味を持ってみてください(*^^*)

f:id:nekobitainote:20180321173018j:plain

これからまた伸ばしていきます(*´▽`*)

#twnvday 3月14日

#twnvday 2月14日

#Twitter300字ss 第39回「試す」

#Twitter300字ss 第39回「試す」
2回目の参加です。
#猫額の手帖 と同じ世界の妖精が出てくるお話です。よろしくお願いします。

 

『リボン』
ジャンル・オリジナル
http://nekobitainote.hatenablog.com/entry/0203tw300ss01

 

『試しの行為』
ジャンル・オリジナル
http://nekobitainote.hatenablog.com/entry/0203tw300ss02